留学について

  • 2020.03.22 Sunday
  • 17:15

こんにちは、法政経学部新3年のなーりです〜

今回は「留学」がテーマということで、サークルそっちのけで留学っぽいことをした私が、留学計画するうえで必要なポイントをお伝えします

せっかくですし千葉大生向けのポイントに絞って話しますね〜

 

・なぜ行くのか(目的)

語学を上達させたいのか、文化や宗教を生活を通して学びたいのか、働きたいのか、その国だから学べる専門的なことを勉強したいのか、それとも特殊な資格や学位をとるのか

「とりあえず留学行くね」だと、具体的なプランが定まらなくて観光の間みたいな宙ぶらりんの内容になっちゃう(ありがちです)ことがあるので気を付けてくださいね〜

 

・いつ行くのか(及び期間)

場所よりまず決めるべきは「どれくらいの期間」、「いつ行くか」です。

長期で行く方は留年するのかしないのかも考える必要がありますし、予算も関係します、

「留年?千葉大って留学必須化してるし融通効くでしょ?」と思ってる皆さん。そんなシステム整ってないですよまだ交換留学も、単位互換性を謳っているわりに意外と互換効かなくて結局留年って方かなりいますしね。留年なしで1年留学行くのは至難の業っておっしゃる学務の方もいるくらいです。うーん残念!

そこで優秀な人は、3.4年をひまにするという策に出ます。いい成績取って、2年生から1年ごとに取れる単位を規定より増や制度(=いわゆる上限開放)を使うことで、卒業に必要な単位を早くから取り切っちゃおうって策です。ただしこれには、1年生の頃から安定してそこそこいい成績取り続ける必要があるので、目指す方は気を抜かないで頑張って〜〜!

内訳とか見たら分かりますけど、残念ながらこういう事情あって短期を選ぶ人が多いです。あと大学のプログラム短期系が多いのもその一因ですね〜

 

奨学金の有無

特に長期で行く方は取る人多いです。奨学金審査を通過するには、書類かなり前から準備するものが多いです。それも含めた留学計画を立てましょう。

 

・何で申し込むのか(大学か、個人か、もしくは外部団体か)

ちなみに私は短期で、申し込みは時々外部の紹介団体を頼るけどどっちかというと個人で、っていう形できました

A)大学のプログラム

大学のプログラムって数も多いしそれぞれ管轄も違うので迷った方は附属図書館2階のブックハウスで資料るか、留学企画課に相談にってみましょう〜学内で新学期に開催される説明会等に足を運ぶのもおすすめです!!

以下気になった点を率直にお伝えします〜

・日本人との接触時間が多い

ごめんなさい、やっぱりこれはデメリットです。実際に参加した友達の体験談なのでここで堂々と書いちゃいますけど、同室も日本人、どこか回るのも日本人。しゃべるのも日本人。って環境で、短期でのスピーキング向上は難しいかなって思います。私が個人でイギリス留学した時、千葉大のプログラムで来てる子たちと一日だけ同じホテルだったことがありましたその子たちが外出るとき途中まで2分くらい一緒に歩いたことあったんですよ。その時思ったんですあーでもこんなん言ったら恨み買いそう、こわ〜。けど言いますね諦めて。

ちょっと「修学旅行感」があったんです。

ルートとかは引率の先生が完ぺきに知っていてみんな列に並んでロンドンの街を歩いてる。困っても列の最後に引率のネイティブの先生いるだからたぶん、フロントに最寄りのスーパー聞いたり、アジア人は自分ひとりの街をハラハラしながら歩いたり、ホテルが呼んだタクシー白タク(定額制)で喧嘩して日本円の10円使ってお金払うとかとしてみたりはないんだろうなって思う訳です。守られてるとか言いたいんじゃない守られずに個人で行った自分がえらいとかは微塵もってません。ただもったいないなーって思いました。

・個人手配に比べ割高

高いんですとても!1か月の個人手配と2週間の大学手配では、費用がほぼイコールのことも。手配とか向こうがしてくれる訳だし、個人より絶対手続きは楽です。あとルーズな担当者とかにめぐり合っちゃうこともないので、3日前に「ごめんあなたのホームステイ先ないの」(実話です)なんて心配もありません。手数料と思えば納得できなくもないだがしかし高いんです奥様。だから割高なのに、自分で英語を話す経験が少ないのはかなり!!!!もったいないって思います。

・色んな活動ができるし選択肢も充実

今度はいい点!!大学が選んでるだけのことあって、美術大など行先の選択肢も多いし、たくさんのアクティビティ等、より充実したことができます。みんなすごく楽しかったって、いい顔して教えてくれます。うらやましー!いいなぁ!!

個人で手配すると、そういうアクティビティ的なのが多い語学学校とかは桁いっこ違ったりして、けちくさい思考で諦めたりするんですよね。とっても有難いですこれは。

 

B)個人

・めんどくさすぎる

旅行より断然めんどくさい。それなりにお金出すことだから、どの学校が教室構成がいいとかコスパはどうとか色々悩みま。ぐだぐだ悩んでると枠も埋まるし時期が近づくと値段も高くなります。ストレスではげるかと思いましたほんとに(笑)

環境を選べる

自分好みにいくらでもカスタマイズできるから楽しさもありますしわがままも通じます。予算も意識して内容を組みやすいです

・貧乏くじを引いたら詰む

救済手段が予め用意されてないので、自分でどうにかしないといけません。自分にしか責任追及できないですし、何よりそうなる可能性なんて測ることもできない。

 

C)外部団体

外部団体と一口に言っても、学校を紹介する団体だけでなく、ホームステイ先や特別なプログラムを紹介してくれる団体と色々あります。

・手数料を取られるうえ、かなり早い段階からの申し込みがスタンダード

動き出しが早いので、せかせかしたスケジュールにはなります。遅い時期だと申し込み自体は出来ても紹介先がいまいちな所だったりしがちです。ただ、手数料が高くてもそれに見合った内容を組む・紹介してくれるところはちゃんとあります。

・(海外の外部団体の場合)超絶ルーズな担当者に当たることがある

ホームステイ先の確保すら出来ない人に当たっちゃうこともあります。(まとめサイト等、手数料安いorゼロだとそうなりがち)そうなると個人経由で申し込むと同じ状態になります。

 

以上4点を決めれば、準備はさくさく進むし後悔も少ないと思います。

色々と時にはエラそうに書いてますが、独断と偏見だし、あくまで個人の感想です笑

長々とお付き合い下さり、ありがとうございました!!よいキャンパスライフを

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM