千葉大祭の思い出

  • 2020.03.15 Sunday
  • 16:36

みなさんこんにちは!

工学部総合工学科共生応用化学コース新3年の山本です!

突然ですが昨日は関東で雪が降りましたね。世間ではホワイトホワイトデーなどと呼ばれているようですが、ホワイトにホワイトを重ねるだけのネーミングには一周回って感動を覚えている今日この頃です。


そんなことは置いといて、今回のテーマは

「千葉大祭の思い出」

となります!


毎年11月頭ごろに西千葉キャンパスで開催される、千葉県有数との呼び声高い学園祭!それこそ「千葉大祭」です!!!

今までに千葉大祭というものに足を運んだことがある人もいるかもしれませんが、大学生になった今年からはまた違う楽しみ方もできるようになります!!!

千葉大祭にテントを出すサークルや部活はとても多いです!サークルの仲間と一緒に食べ物作って売るのは楽しい!ステージや教室内でダンスやライブパフォーマンスをしてぶち上がるのも楽しい!もちろん!これらを見て回るのも楽しい!(大学祭の休み期間を使って旅行に行く人も楽しい笑)

とりあえず楽しいことづくしなわけです。伝わりましたでしょうか。みなさんもぜひ!参加してみてください!


実は我々の組織は春から大学祭までは「千葉大祭実行委員会事務局」として千葉大祭へ向けての準備と当日の運営を行ないます。だからこんなに推してるわけです笑

なので自分の思い出となると運営側のことばかりになっちゃうんですよね…

でも書きます。これも千葉大祭の楽しみ方の1つですし

自分の思い出は、屋台でつかう器具、例えば鉄板とか鯛焼き機とか発電機とか。あれらが故障で動かなくなったなどのトラブル時に対応するのが自分の仕事だったんですけど、まーーーよく動かなくなる。特に発電機。初日はほんとに一日中走り回ってました。今となってはいい思い出ですが、あの時はどうやったら分身できるか必死に考えてましたね笑

ついでに故障の対応のためにレンタル業者の本拠地である倉庫に勉強会に訪れた際には、そこの圧倒的広さと物量に大いに感動しました。あんなところイベント系の企業に就職でもしなきゃもう入ることはないと思います笑


千葉大祭の運営は、当たり前ですけど学生主体です。ていうかほぼ全て学生です。例えば、大学祭に並ぶ屋台について保健所やら消防署やらへ相談に行くのも、大祭に不審者が出ないか警備するのも、災害時に避難誘導するのも全部学生がします。もちろん学生主体なので、自分がしてみたいことをいくらでも考案することもできます!自分も体験したみたいに、大学祭までの約半年間の準備期間と大学祭当日の3日間で、なかなか人生で経験することもないようなこともたくさんできるわけです。やっぱり大学生なんだしいろんなことしてみたいですよね!


あとはやっぱり、半年以上準備してきた千葉大祭で、千葉大生も来場者の方も楽しんでもらえてるのをみたらすごいうれしくなるし達成感あります!こんな楽しみ方できるのも運営側の特権ですね笑

とりあえず今年は騙されたと思って、千葉大祭に来てみてください!絶対楽しいので!!


とまあ千葉大祭のいいところをこれでもかと書けたので今回はこの辺で終わりにしましょう!読んでくださりどうもありがとうございました!次の投稿もお楽しみに〜

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM