課題・レポートについて

  • 2020.03.13 Friday
  • 16:44

こんにちは!文学部日本・ユーラシア文化コース新3年の坂本です!

 

今回のテーマは課題やレポートについてです!いやーこの言葉聞くだけで頭痛くなりますね!私の所属は文学部なので、あまり理系の皆さんには参考にならないとは思いますが!ぜひ読んでいってください笑

 

まず、当たり前ですが授業によって出される課題はまったく違います!つまり、学部、学科、教授でバラバラなのですが、授業によっては「え?正気?」って量が平然と出てきます。内容も色々ありますが、この本を読んで自分の考え言えるようにしてきて!とか、この論文(英語)の内容来週やるから読んどいてね!とかがありましたかね。

 

そしてレポートも授業によって様々です。しかし、期末の評価がテストかレポートの二択なことが多いので、文学部だとやっぱり期末にレポートを課す授業が多いですかね。

期末にレポートが重なるとどうなるかっていうと、それはもう地獄を見ます。

コツコツ余裕をもって進めていけるタイプのそこのあなたは大丈夫です。多分そんなに苦しくありません。

しかし!どれだけの量を出されても時間があると何となく大丈夫だと思ってしまうそこのあなた!はい地獄見ます絶対に見ます。

しかも人間、頑張ればなんとか期限に間に合うんです。そうすると、そろそろ始めなきゃいけないかなーという時期に差し掛かっても、過去の成功体験が怠惰に磨きをかけます。よってさらに苦しみは増します。そう、2ヶ月ほど前の私ですね。

2年生の期末はなんと友達にいい加減にしろとガチのお叱りを受けました。おかげでヤバさがわかり、全て終わったので、人のために怒れるなんて私は素敵な友達を持ちましたね!

 

話は逸れましたが、レポートに余裕がある人もない人も使うのが千葉大学の図書館です。レポートを書くには、ただ自分の考えたことを羅列するだけではダメなんです。文献などを参照して論理の根拠を必ず明示しないとダメなんですね。図書館にはそれはもうたくさんの本があるので、文献を探すならまずここに行きましょう。図書館行かないと詰みます。

 

また、レポートを書き上げると達成感に満ち溢れますが、書き終わったら提出しなきゃなんですよ。当たり前だって思うかもしれませんが。

このレポートの提出方法も教授によって違います。紙媒体で提出したり、Webで提出できたり。

Webは家からでも出せるので楽ですが、提出した!と思ってたらちゃんと送信できてなくて単位を落とした!という話も聞きます。

なんと私の友達には紙媒体のレポートを大学まで出しに行くのが面倒臭くて結局出さず単位も落とした人もいます。

後者は相当どうかしてると思いますが、前者はありえると思います…

せっかく書いたのに評価されないなんてもったいない!みなさんもレポート書くようになったら気をつけてくださいね!

 

レポートを終わらせた後の解放感は何よりも気持ちいいです。

みなさんが課題と上手に付き合って楽しい大学生活を送れることを祈ります。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM