国際言語文化コース

  • 2019.04.11 Thursday
  • 14:00

こんにちは!

文学部人文学科国際言語文化学コース新3年の宮地です!

今日は国際言語文化学コースについて書いていこうと思います。

国際言語文化学コースは一学年の人数が35人程と、とても小規模なコースです。だから大学内でもあまり知られていません…。理系の人なんかに聞くと10人中8人には知らないって言われます(笑)あとたまに国際教養学部と間違えられることもあるんですけど全くの別物ですからね!


具体的に何を学べるのかというと、その名の通り国際的な言語と文化を学べます!

中でも第二外国語の学習は特に重要になってきます。千葉大では多くの学生が第二外国語として英語以外の言語の授業を1年生で履修しますが、このコースではその言語をより専門的に学んでいきます。1年生では基礎的な文法や発音を覚えて、2年生からは作文、会話、実際に文学作品を読んだり、などなど、本格的な授業が増えていきます!

専攻言語が一緒の子とは授業でほぼ毎日会うことになるのでとても仲良くなれますよ!時間割も大きく左右されますし、どの言語を専攻するかは結構重要になってきます。言語はスペイン語、ドイツ語、フランス語、ロシア語の中から専攻できます。第二外国語もいいけど私は英語をみっちり学びたい…という子!もちろんそれも可能です◎また、専攻言語とは別に、古典ギリシア語、ラテン語、サンスクリット語、アイヌ語などの変わった言語の授業も受けることができますよ!これは国際言語文化学コースの特権かもしれません^^


そして2年生からはさらに、比較文化論、ヨーロッパ文化論、英語圏文化論、言語構造論の4つの専修に分かれます。ちなみにこの専修ごとに卒論を書くことになります。例えば英語圏文化論に進むと英語で卒論を書くみたいですよ!ちなみに私はヨーロッパ文化論専修、フランス語専攻なので、これからフランス文学を研究していきたいと思ってます。1年生ではいろんな授業を受けていろんな教授の話を聞くことで自分の興味のある分野をなんとな〜くでいいので考えておくといいかもしれません!


あとはやはり留学に行く人がとても多いですね!私はこの春休みにフランスに行ってきました。留学に行くと現地の言語を学ぶだけでなく、人々の生活や国民性、歴史や文化など、いろいろなことを知れてとてもいい経験になります。千葉大には短期から長期までさまざまな留学プログラムが用意されているので、在学中にみなさんもぜひ行ってみてはどうでしょうか?


ざっとこんな感じですかね〜。

自分の好きなことを自由に学べるのがこのコースの良いところです。

みなさんも充実した大学生活を送ってくださいね!!

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM