ほーせーけーのほー

  • 2019.04.08 Monday
  • 14:30

新入生のみなさんこんにちは!法政経学部法学コース新3年の千田です。

今日のテーマは4つある法政経学部のコースのうちの一つ「法学コース」についてです。


法学コースですっていうと、法学って何やってんのってよく聞かれがち。法律暗記してんの?とか、はい○○条の条文は?みたいな。

実際そんなことをやっているのかというと、条文の暗記とかはあまりしないです。試験は指定六法という条文が載っている辞典みたいなやつを持ち込める場合が多い他、参考条文といって、その問題で使うであろう条文が問題用紙に載っている時もあります。


じゃあ何をしているのか・・・

メインは法律の条文の解釈を学ぶことです。法学とはざっくりいうと法律の解釈学です。この法律はどういう意図で定められているのか、どういう場面で適用できるのか、みたいな。


でもずっと法律の解釈をやってるわけじゃなくて、理論とか論点の対立点を学んだり、判例研究をやったりします。科目によっては法学という学問自体の歴史や、法学と社会学や哲学との関わりを見ていくものもあります。


法学コースの特徴は必修があるということです。憲法、民法、刑法が必修になってます。選択必修じゃなくて必修なんですよね。必修は全部単位をとらないと卒業できないので早めに取りたいですね。中には大量の再履修者を生み出す鬼門の授業もあるとかないとか。


あと法学コースは他のコースに比べて人が多いです。どのサークルにも1人はいるんじゃないかっていう勢いです。実際我らが新歓事務局にもたくさん法学コースの人がいます。もっと法学コースのことが知りたい人は、先輩に聞いてみると生の声が聞けると思います〜。


ちょっとお堅い感じになってしまいましたが今日のブログはここまで!

法学を学びたいという法学徒はぜひ法学コースへ!









コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM