「試験」なんて怖くない!

  • 2019.03.18 Monday
  • 16:00

新入生のみなさんこんにちは!理学部生物学科新2年の笠井です。

前期入試で合格し、晴れて千葉大学入学を決めたみなさんおめでとうございます〜!もうすぐ始まる大学生活に期待と不安でいっぱいのことと思います。


ところでみなさんの中には、大学に入ったのはいいけど、勉強についていけるか心配...と思っている人が多いんじゃないでしょうか?そこで、今日のテーマは「試験」です。この記事で少しでもみなさんの勉強に対する不安を解消できたら嬉しいです。

大学を進級、卒業するには自分で授業を選択、履修し、単位を取らなければなりません。成績評価の方法には、出席、コメントカード(授業の後に書く感想&質問用紙)、レポートなど様々ありますが、その中でも多くの割合をしめるのが「試験」になります。そして、100点満点で60点以上の評価を得れば無事単位修得となります。


そこで、みなさんに大学の「試験」のコツをお教えしましょう。

1、先輩から情報を収集しよう!

一口に「試験」といっても、その内容や難易度は講義を担当する教授によって様々です。そのため前に同じ講義をとった先輩に出題傾向を教えてもらったり、過去問をもらったりすると良いでしょう。中には過去問と全く同じ問題を出す優しい教授もいます笑。

2、授業にはきちんと出席しよう!

ついこの前まで高校生だったみなさんにはあまりに当たり前に聞こえると思いますが、大学生になるとこの当たり前は崩れてしまいます。特に1限の講義は人が少ないです笑。試験の日になって、この講義こんなに人が多かったんだと思うことがよくあります笑。

なぜ講義に出ることが大事なのかというと、「試験」の答えは全て、授業中の教授の言葉の中に隠されてるからです。教授は講義の内容をきちんと理解しているかを確認するために「試験」を行います。そのため講義に出て、テスト前に講義の内容を復習すれば、単位を落とすほど悪い点数を取ることはないです。特に授業中に配られたレジュメは一番の参考書になりますので、大切にしてくださいね。

新入生のみなさんには授業に出席することが当たり前だという認識を持ち続けて欲しいですね。


ついつい長くなってしまいました。ここまで読んでくださったみなさんありがとうございます。自分の学科の教授の「試験」はどうなんだろう??と気になったそこのあなた!ぜひ新歓実行委員会主催の新歓イベントに参加してみてください。あなたの学科の先輩と知り合いになれますよ。


単位をしっかりとって楽しい大学生活を送ってくださいね。それでは今日はこの辺で、また明日〜〜!


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM