行動科学コースとは?

  • 2019.03.02 Saturday
  • 14:00

こんにちは〜文学部人文学科行動科学コース新2年のほっこくです!

今回のブログテーマは私の所属している「文学部行動科学コース」についてです。


行動科学コース、いわゆる「行科」は文学部の中でも一風変わったコースで、二次試験の受験科目に数学があったり、ほぼ必修のような統計学という授業があったりで文学部の割にはかなり理系寄りになってます。基本的に文学部は女子の方が多いのですが、行科は1学年約80人の中で男女比がだいたい1:1でとてもバランスがいいです!ちなみに行科は文学部の中で一番人数が多いコースです


1年生の時は心理学、社会学、認知情報科学、哲学、文化人類学の基礎を学んで2年次からいずれかの専修に進むのも特徴ですね〜1年間授業を受けて悩める時間を与えてもらえるので実際の授業内容とか先生のこととかを加味して選べて失敗しにくいかもしれないというメリットがあります、最初入ろうと思ってたのと違うところを選んだ人も結構多いです

実は千葉大の心理学は珍しめで、いわゆる心を読むとかメンタリストとかそういう系の心理学じゃなくてがんがん実験をやるようなやつです!なかなか他大学にはない心理学なのではないでしょうか?認知情報科学とか文化人類学とかあんまり触れたことがないような分野が多くて1年の時私は物珍しくて楽しんでました笑


まあ正直なところ1年は基礎的なところしかやらないので未だにふわふわしたイメージのままだったりするのですがなんだかんだ楽しいコースだと個人的には思います!真面目な学生も多いコースです!私は残念なことに当てはまりませんが、、、


今日のブログは以上です、1人でもこの記事が参考になったら幸いです!


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM