服を買いに行く服がない

  • 2019.02.25 Monday
  • 14:00

はじめまして〜、法政経学部新3年のあきで〜す。



今回のテーマは『服装』です。好きな人は好きな話ですよね。僕は苦手ですけど。


なんで苦手かっていうと、僕の中学・高校がめちゃくちゃ校則厳しかったんですよ。どんな感じだったのか説明いたしますと、


・指定の制服(めっちゃダサい)

・指定のワイシャツ(めっちゃダサい)

・指定の靴下(めっちゃダサい)

・指定の革靴(めっちゃ歩きにくい)

・指定のカバン(めっちゃダサい)

・冬季は指定のコートとマフラー(めっちゃ薄い)

・肌着は原則白

・男子の髪型は左右刈り上げ、前髪は眉上を遵守

・整髪料の使用禁止

・眉毛の加工禁止

・化粧禁止


って感じ。僕らに与えられた自由はパンツと手袋くらいでした。どうしろと。

しかも中高一貫校で土曜日も学校あったので、この校則を6年間週6で守ってたわけです。


さらにさらに、僕の地元はクソ田舎なので、服を買おうにもそもそもお店がないんですね。僕が高校の時にG●ができるまではユ●クロしかありませんでした。またはおばさんかめっちゃお洒落な女の子しか着ないような総花柄のワンピースばっか売ってる呉服店。ありがとう●U。



こんな感じで服に対する興味ゼロで育ってきたので、大学に合格してから当然のように困るわけですよ。「おいおい大学って制服ないらしいぞ」と。買いに行こうにも服を買いに行く服がない。

この時ほど制服に感謝したことはなかったです。本当に大切なものは失って初めて気付くんですね。ダサいとか言ってごめんな。やっぱりお前が一番だよ。帰ってきてくれ。



まあ当然帰ってくるわけがないので仕方なく買いに行くんですけど、服を買う経験が少ないのでめちゃくちゃ戸惑いました。店員さんがすぐ話しかけてくるのも無理。「何かお探しですか?」じゃないんですよ、何を探してるかなんて自分が一番わかってない。



流石に僕ほど酷い状況に陥ってた人はなかなかいないと思いますが、「正直周りの人たちそんなに僕の服装気にしてないだろうって開き直る」のがおすすめです。「あの人お洒落だな〜」はあっても「あいつくそダセェな」って思うことないですよね?周りの人も一緒ですよ。多分。そうであってほしい。



今回のブログ、何もアドバイスしてなくてやばいので最後にちょっとだけ。とりあえず着る服がない人は勇気を出して服屋さんに行ってみる!何着ればいいか分からない人は周りの人を参考にしてみる!って感じで頑張りましょう!僕も一緒に頑張るので!!


それでは今回はこの辺で。明日のブログもお楽しみに!


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM