これからのメンブレボッチ飯の話をしよう

  • 2019.02.22 Friday
  • 14:00

■ご挨拶

はいどうもこんにちは。園芸学部園芸学科、新2年、園園の貴公子ことうじたしんです。

自分で貴公子と名乗って恥ずかしいと思ったことはありません。嘘です。今回は「千葉大生の休日の過ごし方6選」ということで、春から千葉大生となるあなたも、そうでないあなたも明日から皆に自慢できる内容をお届けできればと思います。

こういうのってたいてい「6選」とか中途半端な数字ですよね。そう、悪魔の数字、フリーメイソン。

 

 

■1 ドライブ

大学生になったら車の免許を取ることを強くお勧めします。なぜかというと、免許があればドライブへどこまでも行き、すぐにちょっとした小旅行が楽しめるからです。ちなみに、僕の知り合いは免許を持っていなかったことを理由に学科の仲のいい仲間連中にドライブに誘われず、SNSで後から皆が行っていることに気づいたそう。かわいそうですよね。いや、僕の知り合いの話ですよ。知り合い。そして、注意点としてはSNS上で#総走行距離〇〇kmと自慢するのは寒いのでやめましょう。寒かったぞお前ら。

知り合いの話ですよ?

 

 

■2 ショッピング

大学生はバイトをしている人が多いですし、一人暮らしをしてる人もたくさんいます。そうなるともちろん自分で使えるお金が増えますよね。休日はショッピングに行って散財するのが特技な大学生は多いと思います。洋服や雑貨、ゲームとその周辺機器などいろいろありますね。個人的には洋服と植物雑貨が多いですかね。

大学生は毎日私服です。ですので私服がダサいとまずいですよね。大学生になったら休日は洋服のお買い物なんてすればよいでしょう。私はたまに古着屋さんにふらっと入ったりします。詳しくなくっても全然大丈夫です。古着屋巡りって響きだけでかっこいいですよね。異性に「それどこで買ったの?」って聞かれて「あ〜確か高円寺の古着屋だったかな」とか言ってみたいですよね。

は〜だれか聞いてくれねぇかなぁと、思う毎日です。

 

 

■3 流行りのグルメ

意味もなく東京へ行き、立ち寄ったタピオカ屋で買ったタピオカをInstagramのストーリーにあげて…ってそれ3年のいけださんやん!(1週間前の記事も合わせてぜひ読んでください。)あとで絶対怒られるやつです。

タピオカの他にもたくさんのグルメが去年はバズりましたね。無駄に伸びるチーズを求めて新大久保に行く大学生がとても多かったです。チーズタッカルビしかり、チーズハットグしかりSNSで見ない日はなかったほどです。まあそう言う私も行ったんですけどね、新大久保。

あとこういうグルメ系では、付き合いたてのカップルがテーブルで向かい合って料理とかスイーツを写真で撮ることで恋人を映しこませ、SNSでその存在を匂わす必殺技が存在します。高3の時に、前まで好きだった一個上の先輩が大学でできた彼氏とこの技を行っているのを見て発狂したのも記憶に新しいです。同現象が水族館の水槽越しに起こるのも、皆さん覚えておいてくださいね。

 

 

■4 ライブ・イベント

好きなアーティストのライブやコンサート、ほかにも関東で毎週末何かしらやってるイベントに行ってみるのはいかかでしょうか。千葉という立地の良さを最大限生かした大学生の楽しみなんじゃないでしょうか。時期によっては週一ペースで行ってるなんて人も知り合いにいました。どこからそんな資金が出てくるんですかね。甚だ疑問です。だって家系ラーメン感覚でライブとかイベントを堪能しているんですから、シンプルにすごいです。ちなみに私は麺カタめが好きです。

 

 

■5 きらきらしたところ

なんだか雑になってきましたね。

大学生は特にきらきらしたところを好みます。夏は花火やビーチ、冬はイルミネーション、満天の星空なんてのもアリですね。その季節特有の眩さが感じられて、どこか儚げなところがいいですよね。休日に好きな子を誘ってみてはいかがでしょう。

 

 

■6 料理

個人的に一番推したいのは料理です。暇を持て余した大学生の末路ですね。家でできるのでわざわざ外に出なくていいですし、1人でできるのでわざわざ誰かを誘う必要もありません。西千葉のSE〇YUで買ってきた食材で、ただひたすら調理します。手料理のレパートリーも増えますし、生活する上での力となります。

知り合いの先輩にスパイスからカレーを作った人なんかいましたね。一人暮らしの私は、休日の時間がたんまりとある日に普段作らないような豪勢な料理を作ってみたりします。誰かが来たという想定でパーティという設定の下、料理をするのは楽しいですよ。アクアパッツァにプロシュートのサラダ、バゲットを用意して一人で食べるんです。え?寂しくないかだって?

寂しいです。

 

 

■最後に

皆さんいかがでしたか?参考になりましたか??本音を言うとSNSにいろいろと投稿している人たちが羨ましいです。大学生なんて時間たくさんありますし、大学は高校までと違い授業が必修ではないものもありますから一年間で休日のほうが多いなんていう人も学部学科によってはざらです。

せっかく手に入れた休日は精一杯楽しんでくださいね。

 

それでは、メンタルもブレイクしたところで、今回はここでおしまいです!ここまで読んでくださいましてありがとうございました!

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM